うなログ

「30歳からのマタニティライフ」からブログ名を変更しました。一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠、31歳で出産したオタク主婦の妊娠・育児の記録です。

自分が遺伝病だったり、兄弟姉妹が障害者だったら、子供は作らない方がいいの?色弱もち妊婦の体験談

私は、遺伝病があるから、将来結婚もできないし、子供もつくれないんだろうな。

一生一人で、生きていくんだろうな。

 

小さい時、そんなことばかり考えていた、私。

よく布団を被って、メソメソ泣いていました。

 

時は流れ、30代になりました。

幼い頃、予想していた未来予想図は、ひっくり返っていました。

 

28歳で優しい夫と結婚。

30歳で妊娠。

今年、出産予定です。

 

「小さい頃の自分が知ったら、喜ぶだろうなぁ」と今でも、よく思います。

 

今回は、

 

「自分が遺伝病だから、子供はあきらめた方がいいの?」

「兄弟姉妹が障害者だから、子供はつくらない方がいいのかな?

 

と思っちゃっている人に向けて、記事を書きました。

 

参考になれば幸いです。

 

色覚異常の妻

私は、色覚異常という先天性疾患をもっています。

因みに遺伝します。

(※めんどいので以降、色弱と記載します。)

色覚異常 - Wikipedia

 

すごく簡単に言うと、赤と緑の区別がつかないなどの症状がある疾患です。

私は軽度なので、日常生活に支障はありません。

色の区別も、割とつきます。

 

試しに、色彩検定の3級を受けたことがあります。

回答に困ることもなく、1問ミスで合格でした。

www.aft.or.jp

学生時代は美術部でしたし、社会人になってからも、カラーの資料を作っていましたが、誰一人、気が付きません。

 

「じゃあ問題ないじゃん!」と思うでしょう?

 

が、色覚異常テストをやるとアウトです。

例えばこんなの↓

matome.naver.jp

私は、正常者の見え方じゃないんですね。

 

これに引っ掛かると、特定の職業に就くことが、できません。

例えば、一部公務員、パイロット、鉄道運転手、染色業関連の仕事などなど。

※制限される職種は、こちらのページを参考にしています↓

色覚異常 - Wikipedia

 

私も就活の時に、応募しようと思った会社が、色弱はNGだったところがあり、悲しい思いをしました。

 

結婚についても「遺伝病もちの女なんて嫌だよ!」という男性が、多いだろうと思って、諦めていました。

自閉症の兄をもつ夫

私の夫は健常者ですが、自閉症の兄がいます。

夫は、義兄を理由に、結婚や子作りを控えようとは、思っていなかったそう。

 

ただ、障害のせいで、色々嫌な目にあったそうです。

例えば、家族で外食した時に、義兄が騒いでしまったり、義兄がいるから、女性から交際を断られたり。

苦労したそうです。

自分や兄弟姉妹に障害があると、子供は作らない方がいいの?

 「生まれてくる子供が、可哀そう」

「苦労することが、分かっているのに、なんで子供を作るの?」

「子供を作りたいだなんて、エゴ!」

f:id:kawanaiseikatsu:20180304171044j:plain

遺伝病があったり、兄弟姉妹に障害をもった人が、「子供を欲しい」というと、そんなことを言う人たちがいます。

(現に言われたことがあります^^;)

 

でも、結婚したら、子供が欲しいと思うのは自然なこと。

外野が、どうこう言う問題じゃない。

夫婦の意思を、最優先すべきです。

 

という訳で、我が家も、うるさい外野シカトして、子供をもうけました。

娘が生まれる予定ですが、色弱になる可能性があります。

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

 

「娘が、就職や結婚で苦労しないといいなぁ(´・ω・`)

と心配になることも。

 

でも、

「大丈夫だよ~★君と同じようにBLが好きだよ(*´∀`)」と、

夫が、謎な励ましをくれるので、「まぁ。大丈夫か。」と思っています。

このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)

このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)

 

 

※因みに、色弱については、夫に交際を申し込まれた時に、打ち明けました。

遺伝することも承知で、「子供が欲しい」と言ってくれました。

私も、義兄のことを承知の上で、夫と結婚しています。

 

※私は、婚活サイトで夫と結婚しました。

夫以外にも、遺伝病や障害を気にしない方は、いらっしゃいました。

もちろん中には「イヤ!」っていう人もいますが、そういう人もいることを、知ってもらいたいです^^

遺伝病があるから、障害があるからと、悲観的にならなくて、大丈夫です。

 

遺伝病や障害をもって生まれると不幸なの?

私は色弱もちですが、「自分不幸だわ~」とは全く思っていません。

それは、他の方も、同じだと思います。

 

障害があるからといって、不幸とは限りません。

逆に、健常者と言われる人たちが、幸福とも限りません。

不幸のどん底をさまよっている健常者は、たくさんいます。

 

義兄は自閉症ですが、とても穏やかで、義父と一緒に、まったり暮らしています。

詳しくはこちらに書いたので、良かったらどうぞ↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

色弱パイロットや運転手になれなくても、好きな職につける

少し話がずれますが、どうしても書いておきたいことがあるので、書かせて下さい。

 

色弱があると、職業が制限されると、先ほど書きました。

「子供が色弱だけど、将来、パイロットや車掌さんになりたいと言っている。」

「将来なれないから、どう説明すればいいか困る。可哀そうだ。」

というような話を、ちらほらネットで目にします。

 

確かに、パイロットや車掌さんには、なれません。

けれど、公共交通機関に関わる職業には、色弱でもなれるものが、あります。

 

オバチャン、今は専業主婦ですが、以前は公共交通機関のエンジニアをやってました。

もちろん、私自身は、乗り物を運転することは、ありません。

けれど、乗り物を整備する場所、乗り物を制御する施設など、乗り物マニアが大歓喜する場所へ、出入りしていました。

業界用語や、乗り物の名前も、職業柄覚えたりします。

というか、覚えないと仕事になりません(笑)

 

採用試験に、色覚異常の検査はありませんでした。

採用通知を貰った時、「本当に就職していいの!?」と戸惑って、大学経由で、社員さんに、確認してもらいました。

でも、「問題ないよ~」と言われたので、入社。

 

パイロットや運転手になれなくても、ちょっと視点を変えれば、大好きな乗り物のお仕事につくことは、可能です。

色弱のお子さんが「パイロットになりたい!運転手になりたい!」と言ったら、ガッカリせずに、いろんな道があることを、教えてあげて下さい。

 

あ!因みにオバチャンは、乗り物オタクじゃないよ!

一番初めに内定貰った企業が、たまたまそういうところだったので、入社しました
(`・ω・´)キリッ

ヘボ社員だったから、先輩によくドヤされたよ/(^o^)\ 

 

 

遺伝病や障害があっても、人生楽しいよ!

色弱でイヤーな思いもしましたが、私自身は「生まれてきて良かったな」と思っています。

だって、生まれなきゃ、楽しいとか、悲しいとか、感じられないじゃない!

遺伝病や障害があるから、不幸なんて決めつけるのは、ちょっと変。

 

「身内に障害者がいるヤツは、子供作るな!」

「遺伝病で、子供が苦労するわよ!」

 

とかなんとか、ゴチャゴチャ言ってくる人間は、自分の人生に不満があります。

それか、暇人。

他人にちょっかい入れて、自分の人生を浪費している可哀そうな人たちです。 

 

「ああ 哀れだな…」と思いつつ、自分たちの生きたいように、生きればいいんです。

 

あ!なんか今!オバチャン、いい事言った!?(`・ω・´)キリッ

 

 

因みにうちの夫、

「子供は沢山欲しい!」と申しております。

「どれくらい?」って聞いたら、

 

「サッカーできるくらい(`・ω・´)キリッ」

 

オバチャン、死んじゃうから!!!/(^o^)\ 

もう、齢だからぁあああ!!!!

 

母体のことを考えて、人数は程々にしましょうね★

 

こんな記事も読まれています↓

にほんブログ村 マタニティーブログへ