30歳からのマタニティライフ

一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠したオタク妊婦の日々の記録。2018年初夏に女児を出産。これからは育児ブログに移行する予定。ブログタイトルも変更予定です。

妊娠初期に妊娠糖尿病の疑い!妊婦の糖負荷試験の対策

医者「妊娠糖尿病の疑いがあります。糖負荷試験を受けて下さい。」

 

ガーン!! ∑(´Д`;;) 

f:id:kawanaiseikatsu:20180402100008j:plain

妊娠初期の血液検査で、妊娠糖尿病の疑いと診断されました/(^o^)\ 

 

えええ!?!?!?

 

「妊娠糖尿病」という言葉を、はじめて聞いた私。

病院から帰る時は、ボーゼン。

 

「私の赤ちゃんは、大丈夫なんだろうか・・・」

不安でいっぱいでした。

 

妊娠糖尿病の判断をする糖負荷試験は、2週間後。

素人考えですが、色々対策をしました。

 

そのおかげか、糖負荷試験では「妊娠糖尿病ではない」という検査結果に!

 

中期に再度、糖負荷試験を受けましたが、その時も問題なし!

今、妊娠後期ですが、体調は良好です。

 

今回は、糖負荷試験までに、私がやった対策をご紹介します。

 

 

妊娠中の糖負荷試験対策

医師から、もらった唯一のアドバイス

食べ過ぎないコト

「食べ過ぎないようにして下さい。腹八分目で食事は抑えましょう。」

妊娠糖尿病の疑いと言われて、医師からもらった、唯一のアドバイスです。

 

特に、食べてはいけない物などは、無かったです。

「普通に生活して下さい」と言われました。

 

この時、私は、つわりも軽くなって、その反動でドカ食いしてました^^;

この日以来、食べ過ぎないように注意しています。

 

自分でやった糖負荷試験対策

医師には言われなかったけど、インターネットや書籍で情報収集して、やった対策です。

即効性がある訳ではないので、気休め程度ですが^^;

やってみる価値はあると思います。

 

3食きちんと食べる

朝ご飯。

私はよく抜いていました。

が、良くないです。

 

1食抜いた後に、食事をとると、血糖値がバーンと跳ね上がります。

3食きちんと食べることで、血糖値が安定します。

 

食べる順番を考える

炭水化物から食べてしまうと血糖値が、上がります。

炭水化物は、食事の最後に食べるようにしましょう。

 

私の場合は、

「野菜→汁物→肉または魚→ご飯」

の順番で、食事を食べていました。

 

ゆっくりよく噛んで食べる

早食いも、血糖値を上げます。

ゆっくりよく噛んで食べるのが、オススメ。

 

早食いの習慣がついてしまっていた私は、ゆっくり食べるために、こんなことをしました。

 

  • 食事中に夫とよく会話をするようにした。
  • 一人で食べる時は、「一品作っては食べ、一品作っては食べ」という風にした。

※例えば、おひたしを作ったら、おひたしを食べ終わってから、メイン料理を作って食べる、というような感じ。

 

胃の中に、一気に食べ物を入れないことが、大事です。

 

おやつや食後のデザートは控える

夕食後に必ず、スナック菓子やチョコレートをつまんでいました。

スナック菓子や甘いお菓子は、血糖値をバーンと上げます。

糖負荷試験までの期間、食べるのを一切やめました。

 

トマトジュースを飲む

一日200ml程度のトマトジュースを毎日飲みました。

今でも飲んでいます。

 

トマトジュースに含まれるリコピンには、血糖値を下げる作用があります。

生のトマトより、リコピンの含有量が、トマトジュースの方が多いです。

 

トマトジュースが糖尿病にいいという話は、結構有名な話です。

 が、毎日飲んで、効果が表れるまで1年かかると言われています。

 

トマトジュースは、あくまでジュース。

即効性はありません。

 

けれど、私は飲み続けています^^

トマトジュースは、糖尿病だけでなく、高血圧やむくみも予防してくれます。

妊娠中には嬉しい飲み物なんです。

 

飲むときは、無塩・無糖の物にしましょう。

以下の方法で飲むと効果的です。

 

・食事の30分前に飲む

食事の30分前に飲む事によって、血糖値の上昇が抑えられます。

参考URL↓

カゴメ株式会社 > 野菜をジュースで摂ろう! > 手軽に!簡単!メタボ対策! 野菜ジュースファーストのススメ

 

・電子レンジで温める

トマトには、身体を冷やす性質があります。

温めることによって、身体が冷えるのを防ぎます。

 

・オリーブオイルを垂らして飲む

量は、ティースプーン一杯程度。

オイルを入れることで、リコピンの吸収率が高まります。

 

食宅便の低糖質コースを利用する

私が体調の悪い時は、ご飯の調達を、夫にお願いしていました。

が、夫が買ってくるのは、スーパーの弁当/(^o^)\

 

「パスタ、コロッケ、ご飯のみの弁当!!大盛!!」

みたいなメニューばかり。

 

炭水化物のオンパレード!!

 

妊娠糖尿病の疑いなのに、さすがにこれはマズイ・・・。

でも、疲れて帰ってきている夫に、「栄養バランスがしっかりした食事を作ってよ!」という訳にもいかず^^;

 

そこで、宅配弁当を利用することに。

我が家が利用しているのは、食宅便。

嬉しいことに、低糖質コースがあるんです!

会員登録なしで、使えます。

勧誘もありません。

低糖質コースも、とっても美味しいです^^

我が家は、一回頼んで良かったので、ずーっと頼んでいます。

ご飯が作れない時のために、冷凍庫に、常備してます(笑)

今は血糖値の心配をしなくて大丈夫なんですが、低糖質コースも美味しいので、頼んでいます。

 

食宅便のメリット・デメリット、どんな中身なのか。

気になる方は、コチラを参考にして下さい↓

 

自己判断での食事制限はNG

炭水化物を摂取すると血糖値は上がります。

だからといって、炭水化物を極端に控えるのはNGです。

 

普通の糖尿病と違って、妊娠糖尿病は、お腹に赤ちゃんがいます。

赤ちゃんの成長に、炭水化物は欠かせません。

赤ちゃんに元気に育ってもらうためにも、自己判断での食事制限はやめましょう。

食事制限は、医師や栄養士さんの指導が入ってからで、大丈夫です。

糖負荷試験までの間は、栄養バランスが考えられた食事を、きちんと取ることが大事です。

 

 

妊娠糖尿病について、もっと知りたい!

「妊娠糖尿病の疑い」と言われると、どんな病気なのか気になりますよね。

 

妊娠糖尿病の情報については、こちらのサイトがオススメです↓

糖尿病と妊娠に関するQ&A | 一般社団法人 日本糖尿病・妊娠学会

学会のサイトなので、ちょっと専門用語が入ってますが、問題なく読めます。

 

下手なサイトの情報より信頼できます。

妊娠糖尿病になりやすい人、食事療法について、分娩時の注意点などが、載っています。

 

因みにこちらのサイトは、「Baby+」という産婦人科でもらえる無料冊子で、紹介されていました。

冊子を貰っていない方は、以下のアプリをDLすると、無料で読むことができます。

 妊娠糖尿病についての記述は少ないですが、無料でもらえる冊子では、内容が一番充実しています。

 

こちらのページで中身をちょっぴり紹介しているので、良かったらどうぞ↓

 

糖負荷試験までの間、不安になりすぎないで!

糖負荷試験までの期間は、すごく不安ですよね。

 

私も不安でした。

毎日オロオロ!!!

 

けれど、妊娠糖尿病と確定した訳ではありません。

もし、妊娠糖尿病だったとしても、元気な赤ちゃんを産んでいるお母さんは、たくさんいます。

難しいかもしれませんが、リラックスするようにしましょう。

 

何かあっても、大丈夫!

医師や栄養士さんが、支えてくれます。

 

アナタの検査結果が、良好であることを願っています^^

 

こんな記事も読まれています↓