30歳からのマタニティライフ

一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠したオタク妊婦の日々の記録。2018年初夏に女児を出産。これからは育児ブログに移行する予定。ブログタイトルも変更予定です。

妊活・不妊治療で仕事を辞めるのはアリ?妊活で会社を辞めた体験談と辞める時の注意点

私「仕事を辞めて、妊活しようと思ってます(`・ω・´)」

 

上司「え!?」

 

退職したいと話した時の上司の素っ頓狂な声。

今でも耳に残っています(笑)

 

今回は、妊活を理由に会社を辞めた体験談と、辞める際の注意点をご紹介します。

 

 

妊活を理由に会社を辞めた話

福利厚生完備の大企業でも、実態は・・・

私は、大学卒業後、とある大企業に勤めていました。

福利厚生も大変手厚く、女性社員だけでなく、男性社員も育休を取れました。

もちろん、女性は育休産休から復帰した後も、働くことができます。

 

この条件だけ話すと、「うわぁ~いいなぁ~(*´∀`)」皆から言われました。

 

・・・が、現実は甘くありませんでしたorz

長時間労働を強いられる職場だったんです。

 

始発で出社して、終電で帰る毎日。

帰ってきても、深夜に出社になることが多々。

会社に寝泊まりすることも、ありました。

睡眠時間は、平均4時間。

定時退社なんて都市伝説/(^o^)\

 

同期は、精神病を発病して、どんどん辞めていきました/(^o^)\

気が付いたら、仲の良かった同期は、誰一人残っておらず・・・。

 

そんな生活を6年ほど続けたある日、仕事中に息ができなくなって、倒れました。

 

原因が分からず、病院にあちこち通いました。

精神科に行って、やっと原因判明。

 

医者「パニック障害です。原因は睡眠不足と過労ですね。休職しないと、ヤバいですよ。」

 

まじかあああーーーー/(^o^)\ 

 

仕方なく、半年ほど休職しました。

 

子供が生まれれば楽になれる!?

休職期間を終え、職場復帰した私。

結婚して、新婚生活を送ってました。

が、業務は相変わらずの激務。

 

新婚っていうと、

妻「あなた~♪ おかえりぃ~☆ お風呂にする?ご飯にする?それともry(*´∀`)」

夫「も・ち・ろ・ん!おまry(*´∀`)」

みたいなラブラブなイメージですよね。

 

我が家の場合↓

私「た、ただいま・・・疲れた・・・・(´Д`;;) 」※深夜1時帰宅

夫「zzzzz」

私「夫は、今日も定時上りだったんか!?家事くらいしろ!!!(# ゚Д゚)イライラ!!」

 

めっちゃ殺伐☆/(^o^)\

 

でも、勤めていた企業の女性社員は、こんな感じの家庭ばっかり。

 

独身又は、既婚子なし女性たちには、ある合言葉がありました。

 

「妊娠して、子供ができるまで我慢だ!!子供さえできてしまえば、定時退社の部署に異動できる!」

 

勤めていた会社は、独身、既婚子なし女性には、激務を強いました。

けれど、子持ちには、優しかったんです。

子持ちになると、請求書のコピーみたいな単純作業を、淡々とこなす業務になります。

そして、定時で退社できます。

 

「毎日定時で、帰れて幸せ☆」

「毎日、8時に子供と一緒に寝てるの!前の生活がウソみたい!!」

子持ちになった女性は、嬉しそうに、そう言います。

 

女性社員が子供を産むたびに、独身者や既婚子なし女性は、羨望のまなざしを向けていました。

 

「子供さえ産んでしまえば、楽になれる!」

そう思って、私も日々仕事を頑張っていました。

 

子供を取るか、仕事を取るか

結婚して半年。

我が家も、そろそろ子どもが欲しい時期。

 

が、避妊していました。

 

パニック障害は、まだ完治していませんでした/(^o^)\ 

発作を止めるために、精神薬を毎日服用していたんです。

レクサプロという薬です。

レクサプロの妊娠と授乳への影響とは? | 医者と学ぶ「心と体のサプリ」

 

この薬を服用して妊娠すると、赤ちゃんに障害が起こる可能性があります。

 

「子供が欲しいなら断薬した方がいい」

主治医に、そう言われました。

 

「自分のペースで断薬してみなさい。」と医師に言われたので、少しずつ断薬をしていきました。

 

けれど、薬が減ると、必ず発作。

何回も何回も、断薬を試みましたが、結果は同じ。 

 

医師は、そんな私を見て、こう言いました。

「今までの状況から判断して、選択肢は3つしかないよ。薬を服用したまま妊娠するか、妊娠をあきらめて、薬を服用しながら仕事を続けるか、子供を取って仕事を辞めるか。あなたの職場の状況から判断して、働いている限り、薬を飲み続けないと、勤められないよ。薬を服用したまま妊娠した場合、障害のある子が、生まれる可能性が高くなるだけで、必ずそうなるとは限らないよ。よく考えみてね。」

 

自分でも、うすうす気づいていた、事実。

いざ医師に突き付けられると、ショックでした。

 

退職を巡って、夫と大喧嘩

子供が生まれれば、仕事が楽になるから、今の職場でも大丈夫。

夫も私も、そんな風に思っていました。

 

けれど、現実は、働き続ける限り、子供は作れない。

・・・どうしよう。

f:id:kawanaiseikatsu:20180419161104j:plain

 

夫と色々話し合いました。

まず、薬を服用したまま、妊娠するのはナシ。

もし、子供に障害があった時、「自分のせいで、こんなことに!」と思って、立ち直れる気がしなかったんです(´・ω・`)

それに、できる限り元気に産んであげたい。

 

私「私はどちらかというと、辞めたいと思ってるんだよね」

 

夫「・・・・じゃあ、どうやって生活していくのさ」

 

私「大丈夫だよ。夫の給料だけでも、生活していけるよ。もし子供ができなければ、新しく職を探すよ。」

 

当時、私と夫は、ほぼ同額の給料でした。

そして、家賃も私の会社から、出してもらっていたんです。

私が仕事を辞めると収入が半分になり、家賃手当もなくなり、生活が厳しくなります。

 

夫「・・・辞めてほしくない」

 

私「じゃあ、子供は諦める?それなら、私働くよ。」

 

夫「・・・子供も欲しい」

 

私「どっちかしか、取れないんだってば!!!」

 

夫「体調が苦しくなったら、・・・休職して、休職期間に子供を作ればいいんじゃないかな」

 

私「馬鹿なコト言わないでよ!!!!私の事なんだと思ってるのよ!!金稼ぎマシーン!?子供製造機!?!?!?ふざけるな!!!!(# ゚Д゚)」

 

怒りと悲しみが、こみ上げてきました。

私は、財布とカバンを持って、家を出ました。

 

辞めたいけど、辞めたくない

その日は、日曜日。

気が付いたら、新幹線乗り場の前にいました。

 

 そうだ京都に行こう!!!(`・ω・´)キリッ

 

 ・・・・でも明日仕事だしな。

大事な会議あるしな(´・ω・`)

こんな時でも、社畜精神は相変わらず。

 

駅を出て、道をぶらぶら歩くことに。

歩いていくと、大きな公園につきました。

 

芝生で、家族づれが、楽しそうに遊んでいます。

私は、芝生に寝そべりました。 

 

 

私だって、できることなら辞めたくないもん(´・ω・`)

ヘボ社員だけどさ。 

 

今のところ、順調に昇進してるし、もうすぐ管理職に手が届きそうだし。

一生懸命仕事してさ、家でも勉強して、頑張ってきたのに・・・。

辞めちゃったら、今までの努力が、全部おじゃんなんだよ?

 

お金だってそりゃ、心配だよ!

 

でも、ゆくゆくは子供欲しいし、産むなら元気に産んであげたいし・・・。

 

にしても、夫には腹立つわぁ~(# ゚Д゚)

休職中に子供作るとか、アホでしょ!?(# ゚Д゚)

色々おかしいからっ!!!!!

 

そんなことを考えていると、辺りはすっかり真っ暗になっていました。

 

クッソー!!!

腹いせにスイートルームにでも、泊ってやる!!!!(# ゚Д゚)

そんで、ルームサービスで全身マッサージと、スィーツ頼んでやる!!!!

そう思って、ホテルを探す私。

 

「あ、でも、スーツ持ってこなかったな・・・」

明日は会社。

スーツを着ないといけない職場でした。

 

そろそろ夕食の時間だから、夫は外に食べに行ってるだろう。

スーツだけ取りに帰ろう。

 

そう思って、帰宅。 

 

 

家は、真っ暗。

 

ホッとしました。

夫と鉢合わせたら、どうしようかと思った!!

良かったわぁ~(*´∀`)

 

鴨居のスーツに、手を伸ばす私。

 

すると、

 

暗闇から、ヌッと、

何かが伸びてきました。

 

ガシィ!!!

 

私「うぎゃわわああああああ!!!!∑∑(´Д`;;) 」

 

?「・・・ごめん」

 

!?

 

 

夫でした。

 

私「なにもう!?私、外に泊まるから!!」

 

振りほどこうとしました。

が、がっちり掴まれて、動けない・・・・。

 

ひょろ体系の夫。

こんなに強い力で掴まれたのは、始めてでした。

 

夫「酷い事言って、本当にゴメン!!!もう一回話し合いたいんだ。出て行かないで欲しい。」

 

ズビッ、ズビッ。

 

なんか鼻水すすってるし。

 

涙声だし。

 

暗い部屋で泣いてたんかね。。

 

大の大人が?(´・∀・`)

 

ふふふっ・・・(´・∀・`)

 

なんか笑えてきました。

 

私「はぁ~、分かったよ。じゃ、もっかい話そう。とりあえず鼻水拭きな。」

 

夫「・・・うん」

 

夫婦で決めた今後の方針

その後、夫婦でもう一回、今後のことを話し合いました。

 

そもそも、薬を服用しないと勤務できない時点で、限界が来ている。

働き続けても、また身体を壊すだけ。

 

というか、子供が出来たら仕事は楽になるけど、育児が大変。

今のままだと、どっちにしても厳しい。

 

だから、休養と妊活を兼ねて、退職して一度ゆっくりする。

 

夫の給料で暮らしていけるよう、もっと安い家賃の家に引っ越す。

可能なら、子供ができた時に、手を貸してもらえるよう、私の実家の近くに家を借りる。

 

そんな、感じの内容で、まとまりました。

 

 

私は早速、退職届を書きました。

夫は新しい家探し。

 

それから私の両親に、もし子供ができた時に、手を貸してもらえないか、お願いしました。

両親は、喜んでOKしてくれました。

 

職場へ退職届を提出

私「お忙しいところ、すみません。少しだけお時間頂けないでしょうか?」

 

上司「どうしたの?」

 

昼休み、私は上司を会議室へ呼び出しました。

 

私「業務が立て込んでいる中、大変申し訳ないのですが、一身上の都合で退職させて頂けないでしょうか。」

 

 上司「え!?どうしちゃったの急に!?理由は!?!?」

 

私「パニック障害を患っているので、それを直したいなと思って。」

 

上司「直した後はどうするの?次の仕事は?」

 

私「直して、妊活しようと思ってます。なので、次の仕事は決めていません。医者にも、子供が欲しいなら、仕事を辞めた方がいいと言われている状況なんです。」

 

上司「・・・・そうかぁ。うーん。どうしても辞めないといけないのかなぁ。他の部署に異動するとかは?」

 

私「休職して他部署に移動したこともありますが、結局、深夜まで勤務していたので、無理なのかなぁと。仮に定時退社できる部署に行っても、また、忙しくなる可能性もありますし。一度、身体をゆっくり休めた方がいいかなと。」

 

上司「・・・そうか。ちょっと考えさせてもらうよ。」

 

上司は、退職届を受け取ってくれました。

その後、さらに上のお偉いさんに、話を持って行ってくれました。

 

次の就職先が決まっていないので、上の方も、そのことを心配してくれました。

でも、退職する方向で決まりました。

 

退職までの日々

退職届は、退職の3カ月前に出しました。

退職までの期間は、相変わらずの激務。

 

年休が、一か月分残っていましたが、消化させてもらえませんでした/(^o^)\ 

「ケチ!」と思いましたが、「辞めれば毎日休み!」と考えれば、頑張れました。

 

夫は、新しい新居を見つけてくれました。

今までは、都心の駅チカマンションに住んでいましたが、新居は、築うん十年の田舎のボロアパート。

 

さらに、破格の家賃!!

事故物件並み(笑)

 

内覧しましたが、まぁ!!

ホントにボロい!

でも、雨風凌げれば、それで良し!

サクッと、契約しました。

 

サラバ社畜生活、ようこそ貧乏生活

最後の出社日、上司に挨拶周りの時間を貰いました。

 

お菓子を持って、お世話になった部署に回りました。

新人の時からお世話になった先輩や、一緒に頑張ってきた同僚、むかつく上司。

 

中には「言ってくれれば、うちの部署に引き抜いたのに!気づいてあげられなくてごめんね・・・。」と、すごく残念がってくれた先輩もいました。

 

辞めると言っておきながら、やっぱりちょっと寂しくなりました。

 

最後の日は、定時で上がりました。

平日に夕日を見たのなんて、いつぶりだろう・・・。

オレンジの空が、とても新鮮でした。

 

そして数日後に、引っ越し。

晴れて、田舎のボロアパート住まいになりました。

 

ただのオバチャンになった私

昨日までは、大企業の社員。

でも今日からは、ただの無職のオバチャン。

 

肩書が全部なくなって、ちょっとスースーする。

丸裸になったみたい(笑)

 

知人に退職したと話すと、「え!?あんな美味しい会社辞めちゃったの!?馬鹿だネ!!」 と言われることが多々^^;

 

でも、もう深夜まで働かなくていいし、夜中に出社しなくていい!!

平日にお昼寝だってできる!!

ただのオバチャンも悪くない!!! 

 

仕事を辞めて1カ月は、ひたすら眠り続けました。

夫にも「ゴメン!!1か月は、寝てても許して!!」と言いました。

 

すると、みるみる体調は回復。

何故か、顔のニキビが、全て無くなっていました。

 

1カ月目で断薬に成功。 

3カ月経っても、パニック発作が起きなかったので、妊活を開始。

夫も私も、そんなに若くなかったので、不妊治療のクリニックに通うことにしました。

不妊治療から1年後、晴れて妊娠しました。

 

私が退職した後の夫

あれほど、私の退職を嫌がっていた夫でしたが、今はずいぶん変わりました。

 

私は、子供が大きくなったら、また働こうと思っています。

手がかかるうちは、パート。

手が離れたら、正社員が理想。

 

そんな話を夫にすると、「体壊すとまずいから、無理しないでね。正社員じゃなくていいし。楽な仕事にしなね。」と言ってくれます。

 

収入が半分になって、生活が回るか心配でしたが、破格の家賃と節約生活のおかげで、何とかやっていけています^^

 

夫も、「自分の給料で、なんとかなるんだ!」と、ちょっと自信がついたみたい。

 

仕事のストレスがなくなったので、私はイライラすることが少なくなり、夫婦仲も良くなりました。

 

貧乏だけど幸せよ

勤めていた頃の方が、表向きは、いい生活をしていました。

けれど、貧乏オバチャンになった今の方が、ずっと幸せ。

 

仕事を辞めて手放したモノは、多かったです。

でも、手に入れたモノの方が、もっと多く、もっと大切でした。

色々あったけれど、「仕事を辞めて良かった!」と心から思っています。

 

妊活で仕事を辞める時にやった方がいい事、注意点

体験談が長くなってしまいましたね( ^ω^; )

ここからは、仕事を辞める時にやった方がいい事や注意点、ご紹介したいと思います。

 

妊活で仕事を辞めるのは悪い事なの?

悪いことではありません。

子供をもうけるか、もうけないかは、今後の人生に関わること。

立派な理由になります。

私の場合は、退職理由で非難されたりしませんでした。

 

退職するメリット、デメリットを書き出す

退職を迷った場合、退職するメリット、デメリットを書き出してみましょう。

客観的に現実を見られるので、自分がどうしたいのか、はっきりします。

 

私の場合は、こんな感じでした。

 

【メリット】

  • 睡眠時間を確保できるから、健康になる
  • パニック障害が完治する
  • 断薬できるから、子供を安心して作れる
  • 妊活できる
  • 子供ができたら、子供にたくさん時間を割いてあげられる
  • 3食自炊できるので、健康管理ができて、家族が健康になる
  • 今まで全くできなかった、家事ができる

 

【デメリット】

  • 家賃手当が出なくなるので、引っ越さなくてはいけない
  • 収入が半分になる
  • 生活がうまく回っていくか不安
  • 贅沢できなくなる
  • 今までのキャリアを捨てないといけない
  • 今後は、福利厚生完備の大企業に勤められない可能性が高い

 

デメリットを一言でまとめると「世間体と金」だな(笑)

メリットは、家族の事ばかり。

そんなら、メリット取るわ!!!

私は書き出したことで、退職の意志が固まりました。

 

退職後の人生プランを立てよう

退職後、今後どのように生活していくのか、夫婦でプランを立てましょう。

 

我が家の場合はこんな感じ↓

  • パニック障害を治すために、退職後は休養を最優先にする。
  • パニック障害が治ったら妊活開始。
  • 子供ができるまでの期間は、資格を取得したり、小銭稼ぎをする。(自宅で出来る範囲でOK)
  • 子供ができれば、そのまま専業主婦として、子育てに専念。
  • 子供の手が離れたら、再就職。
  • もし、子供ができなければ、仕事を探す。一度身体を壊しているので、始めはパートで働く。慣れてきたら正社員の職を探す。

 

ものすごくざっくりですね(笑)

でも、これだけでも、夫婦で共有すれば安心できます。

 

夫の扶養に入るか、入らないか

無収入の予定なら、夫の扶養に入りましょう。

扶養に入るには条件があるので、退職前に確認しましょう。

収入がある場合は、いくらまでなら扶養に入れるのか、チェックしましょう。

 

 

退職後の仕事

退職後、仕事をするのかしないのか、夫婦で話し合いましょう。

ただ、妊活や不妊治療を行う場合、治療によっては、ピンポイントで日付を指定されるので、働くことが、難しい場合があります。

どうしても働きたい場合は、1日のみのバイトなんかが、いいかもしれません。

 

我が家は、妊活中は働かないことにしました。

というか、日付指定で治療が入るので、働ける状態じゃなかったです^^;

 

その代わり、医療事務の資格を取ったり、アンケートサイトで小銭を稼いだり、今後につながりそうなこと、少しずつやっていました。

 

因みにアンケートサイトは、「マクロミル」と「キューモニター」を利用しています。

会場調査などに行けば、月1万円くらい稼げます↓

 

家計簿と財産目録をつけよう

家計簿は、重要です。

仕事を辞めれば、当然収入は減ります。

「収入は減るけど、支出はそのまま」では危険。

収入の範囲内で生活できなければ、生活は破綻します。

そうならないためにも、日々の支出をしっかり管理しましょう。

 

また、財産目録もあると便利です。

財産目録は、夫と自分が保有している貯金、株、不動産など、お金になるものをすべて記載した目録です。

 

目録を作ることで、自分達にどれくらいの資産があるのか明確になります。

財産目録があることで、「これだけ資産があるんだ!」と安心できたり「もっと資産を増やさないと厳しいな!」と現実を見つめたりできます。

財産目録を元に、今後の生活方針を固めることができます。

 

我が家も財産目録を作りましたが、資産少なry/(^o^)\ 

一円でも資産を増やそうと、夫婦で日々頑張っています(笑)

 

家計簿や財産目録については、こちらの本が大変参考になります↓

正しい家計管理

正しい家計管理

 

 

退職届について

退職届の提出時期

会社の就業規則に書いてあると思います。

確認してみましょう。

 

私のところは、確か一カ月前だったかな。

けれど、一カ月だと、引継ぎが大変だったので、三カ月前に提出しました。

早い方が、業務の引継ぎで困らなくていいです。

 

退職の理由の書き方

「一身上の都合」と書きましょう。

「妊活のため」なんて書かなくてOK。

私も、退職届には一身上の都合と書きました。

ただ、口頭で上司に理由を聞かれたので、その時は「病気を完治させて、妊活をしたい」と答えました。

 

退職後の税金の支払い

退職後、住民税の支払いなどがあるので、多少まとまったお金が必要となります。

全く貯金がない状態だと、困ってしまうので、お金を用意しておきましょう。

金額は、働いていた時の収入によって、変わります。

doda.jp

 

辞めても辞めなくても、悔いのない人生を!

私は、結果的に退職してしまいましたが、「辞めた方がいいよ!」と、一概にオススメはできません。

人によって状況は様々です。

 

ただ、夫婦でしっかり話し合って、今後の人生を考えれば、悔いのない選択ができますよ。

 

妊活で、退職を悩んでいる方に、少しでも参考になれば、幸いです^ ^

 

こんな記事も読まれています↓