30歳からのマタニティライフ

一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠したオタク妊婦の日々の記録。2018年初夏に女児を出産。これからは育児ブログに移行する予定。ブログタイトルも変更予定です。

頻回すぎる授乳に、乳腺炎の予防に。助産師さん直伝!産後のおっぱいマッサージが効果的!

産後3日目。

おばちゃん、母乳量が爆発的に増えました。

 

授乳から1時間もしないで、オッパイが岩のようにガチガチに!

 

授乳パッドはびしょ濡れ/(^o^)\

パジャマも、大洪水/(^o^)\/(^o^)\

 

たくさん母乳は出るはずなのに、何故か授乳は頻回!

1時間に一回授乳していました。

 

が。

授乳後も、オッパイは柔らかくならずorz

 

「搾乳はしないで、赤ちゃんに飲ませてください」

助産師さんに言われていたので、搾乳は、泣く泣く我慢。

 

頻回授乳と、胸の張りすぎで、眠れない日々が続きました。

 

乳腺炎になったらどうしよう・・・。

そんな不安も付きまといました。

 

そんな中、入院5日目に担当して下さった助産師さんから、おっぱいマッサージを教わりました。

 

これが凄い!!

 

習って以来、ずーっとマッサージを続けたところ、授乳後、妊娠前のようにおっぱいがフニャフニャに!

頻回授乳も少なくなりました!

 

現在、生後3週間目ですが、2時間半〜3時間は、まとまって寝てくれます。

 

今回は、助産師さんから教わった、簡単にできるおっぱいマッサージの方法をお伝えします。

 

 

おっぱいマッサージの効能

マッサージするとこんな効果があります。

有難い事に、私はマッサージをしたら全ての効果が出ました。

 

  • 頻回授乳の防止
  • 授乳で、赤ちゃんに胸に溜まっている母乳を、飲みきってもらえる
  • おっぱいが柔らかくなる
  • 乳首、乳輪が切れないようになる
  • 赤ちゃんがよく寝る

 

おっぱいマッサージのタイミング

授乳の直前に行います。

赤ちゃんが「お腹空いたよ〜」と泣いて、訴えたタイミングです。

マッサージ中、赤ちゃんは、家族にあやしてもらうか、ちょっと泣かせておきましょう。

私は、泣かせておく時は、「待っててね〜、準備してるからね〜」と、赤ちゃんに声をかけています^  ^

 

おっぱいマッサージの方法

マッサージする部分

乳首と乳輪をマッサージしていきます。

図の赤で囲った部分が、マッサージする範囲です。

f:id:kawanaiseikatsu:20180604185327j:plain

 

指で乳頭と乳輪をマッサージ

マッサージ前の乳首や乳輪は、カチカチ!

親指、人差し指、中指で、揉みほぐしていきます。

 

乳首や乳輪はカチカチなので、強めに押してマッサージします。

揉んでいるうちに、母乳が出てきて、乳首と乳輪が柔らかくなります。

f:id:kawanaiseikatsu:20180604185323j:plain

※乳輪の部分を指で押すと、皮膚の中にコリコリした丸い粒みたいなモノがあります。

それを潰すと、乳輪が柔らかくなり、母乳が出ます。

が。

ちょっと痛いです^ ^;

無理する必要はありませんが、できそうならトライしましょう。

 

マッサージ完了の目安

マッサージしていると、乳輪と乳首が、妊娠前と同じくらいの柔らかさになります。

更に、指で乳首を刺激しなくても、ポタポタ母乳が垂れるようになります。

そうなったら、マッサージ完了です。

f:id:kawanaiseikatsu:20180604185331j:plain

 

授乳する

マッサージ後、授乳します。

赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらう時は、乳輪まで咥えてもらいましょう。

※と言いつつ、おばちゃんはド下手クソなので、乳首だけ咥えさせることが多々^ ^;

 

おっぱいの固くなっている部分を、圧迫しながら授乳します。

そうすると、胸に溜まった母乳が出ていって、柔らかくなります。

 

授乳後、マッサージが上手くいっていれば、カチカチのおっぱいが、嘘みたいにフワフワになります!!

マシュマロおっぱいです!

 

おっぱいがふわーっと暖かくなり、とても気持ちがいいですよ^  ^

 

 

一番初めにマッサージする時は、ちょっと時間がかかります。

でも、何回もマッサージしていると、柔らかい乳首と乳輪が維持できるので、マッサージする時間も短縮されますよ。

 

私は生後3週間で、授乳前に2分ほどマッサージしています。

 

何故、おっぱいマッサージがいいのか

おっぱいマッサージをすると、乳首と乳輪が柔らかくなります。

柔らかいと、授乳で乳首が切れにくくなります。

 

更に、柔らかい乳首と乳輪は、赤ちゃんが吸いやすいんです!

母乳が滴り落ちるくらいマッサージしたおっぱいは、ちょっとの力で、たくさん母乳が出ます。

赤ちゃんは少ない力で、たくさん母乳を飲む事ができるんです。

 

赤ちゃんが、少ない力で母乳をたくさん飲める→赤ちゃんはお腹いっぱい→赤ちゃんがよく眠る→頻回授乳じゃなくなる→お母さんの睡眠時間が確保できる

 

という嬉しいサイクルが出来上がります^^

 

おばちゃんの赤ちゃんは、現在、生後3週間目です。

ほぼ完全母乳ですが、今のところおっぱいのトラブルはありません。

おっぱいマッサージ、効果抜群です!

 

おっぱいマッサージと合わせて使う、乳頭保護クリーム

私は授乳後、乳頭保護クリームを、必ずつけています。

 

おっぱいマッサージをしても、乳首が授乳で擦れて、ヒリヒリする事があります。

マッサージと合わせて、クリームを使えば、乳首のひりつきは、滅多に感じませんよ!

クリームは天然成分で、赤ちゃんの口に入っても安心です。

クリームをつけたまま授乳もオーケー^  ^

 

おばちゃんは、ピジョンの物と馬油を愛用しています。

おっぱい関係でお悩みの方の参考になれば、嬉しいです。

ピジョン リペアニプル 10g

ピジョン リペアニプル 10g

 
カネソン Kaneson ピアバーユ 25ml 1本入

カネソン Kaneson ピアバーユ 25ml 1本入

 

 

 

最後になりましたが、前回の出産報告記事にコメント、ブクマ、スターつけて下さった方、本当にありがとうございます!

 

産後で、ヘロヘロだったのですが、温かいお言葉に、元気を頂きましたT  -  T

足跡残さず、読んで下さった方々も本当にありがとうございました!

 

これからも、育児の合間に更新する予定です。

良かったらまた覗いてやって下さいm(     )m 

10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本

10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる!母乳育児の本

 

 

 

こんな記事も読まれています↓