うなログ

「30歳からのマタニティライフ」からブログ名を変更しました。一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠、31歳で出産したオタク主婦の妊娠・育児の記録です。

【誘発分娩体験談7】夢にまで見た分娩台!!そして赤ちゃんとご対面!

誘発分娩体験談7話目です^^

 

前回は、入院三日目にしてようやく子宮口が7センチ開いたお話でした↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

 

痛すぎて、叫びまくり、夫や助産師さんに暴行。

もう、今でも恥ずかしくて赤面する思い出です^^;

 

誘発分娩体験談を、はじめから読む場合はこちら↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

 

 

入院3日目 正午 子宮口全開

痛いー!!!

ムリムリムリーーー!!

 

と叫び続けて、2時間余り。

 

 

担当医がやってきました。

 

担当医「お~そろそろかなぁ~」

 

私の取り乱しっぷりを見て、ニコニコ。

 

担当医「そろそろ全開になってるかもしれないから、内診してみよっか★」

 

私(まじかあああ!!!!)

 

 

最後の力を振り絞り、内診室へ急ぐオバハン。

 

内診台に付いた瞬間陣痛が/(^o^)\

 

私「ぎゃあああああああ!!!!」

 

そして、遠慮なく内診し始める医者。

 

陣痛中の内診痛いよーーーーーー/(^o^)\

 

内診台の上でエビぞり!!!

 

 

担当医「おお!全開してるよ!!!分娩台行こう!!」

 

助産師さん「よかったですね!!」

 

私「あのー!?あのー!?もういきんでも大丈夫ですか?」

 

助産師さん「あー!いいですよ。」

 

 私「ふんんんんんんううう!!!!(# ゚Д゚)」

 

内診台の上で、思いっきりいきむオバチャン。

 

助産師さん「でも、ここで産むわけにいかないので、頑張って分娩室行きましょうね。お産が進むので、歩いていきましょう」

 

私「なにぃいいいい!??!」

 

歩いて、分娩台へ移動!?

 

狂気の沙汰ですか!?

 

 

と、思いながらも必死に移動。

 

素早く、カサカサと、分娩室へ移動するオバチャン。

まるでGのごとし!

アース製薬 ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 12個入

アース製薬 ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 12個入

 

 

12時10分 分娩台へ

急いで分娩台に上がる、オバチャン。

 

分娩台に上がった瞬間、またもや陣痛が。

 

もう、いきんでいいとお許しが出ているので、思いっきりいきみました。

 

オバチャンがいきんでいる間、周囲は猛スピードでお産の準備が進んでいました。

 

いつの間にか、医者が3人。

助産師さんが、4人。

 

私の足は、分娩台に固定されていました。

 

 

助産師さん「いきむときは、このレバー引いて下さいね」

 

分娩台に付いているレバーに、手を誘導されました。

 

私「陣痛来たあああーーー!!!/(^o^)\ 」

 

助産師さん「ハイ、いきんで~」

 

私「ふんんんんんんううう!!!!(# ゚Д゚)」

 

医師「あら~!?いきむの上手ね~もう頭みえてるよー」

 

2回いきんで頭が見えました。

 

私「え!?もう!?!?」

 

もっとかかると思ってのに!!

びっくり!!

 

医師「騒いでた割に、体力残ってますね~( ´_ゝ`)」 

医師、言いたい放題/(^o^)\

 

助産師さん「次の陣痛でもう一回いきみますよー。目は閉じないでくださいねー。」

 

助産師さん「はいー陣痛きましたー。」

 

私「ふがーーーーーーーーーーーー!!!」

 

いきみ方が、うまかったらしく、いきむ方法については殆ど指導されずw

 

 

私「フンーーー!!フーーーンゥゥゥ!!!(# ゚Д゚)」

 

 

3回いきんだところで、

 

助産師さん「あー、もう頭出ましたよ!ほら見てみて!!」

 

私「見てる余裕ないでーす!!/(^o^)\ 」

 

助産師さん「あ!肩もでちゃった!」

 

医師「もう少しだけ、いきめますか?」

 

私「ふぅうううーーーん!!ぬうううう!!!(# ゚Д゚)」

 

すると・・・

 

ズルっと何かが、抜け落ちる感覚が。

 

その瞬間、嘘みたいに身体の痛みが引きました。

 

医師「おめでとうございます^^」

 

12時50分 無事出産

お股の方に目を向けると、そこには赤ちゃんが!

 

髪の毛ふっさふさ!!

 

我が子を見て一番初めに思ったのは、コレ↑でしたw

 

ホントにフサフサだったんです!

 

 

「ふえええ」と可愛い声で、泣き始める我が子。

 

ああ・・・良かった!

無事に産まれた!!

産まれてきてくれて、ありがとう!!

 

気が付いたら、涙がこぼれていました。

出産・育児ママのトリセツ 〜「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

出産・育児ママのトリセツ 〜「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ

 

 

カンガルーケアと記念撮影

赤ちゃんの身体のチェックが終わると、カンガルーケアになりました。

 

お腹の上に赤ちゃんをのせて、おっぱいを飲ませます。

 

まだ、数滴しか出ないおっぱいを、チューチュー必死に吸う我が子。

 

30分以上、延々吸ってました^^;

 

産まれてすぐ、こんなに良く吸う子は珍しいそう。

 

食い意地は母ちゃん似かな?

 

 

最後に家族3人で記念撮影。

 

とってもいい思い出になりました^^

 

 

長くなりましたが、誘発分娩体験談は以上です!

 

最後はちょっと駆け足になりましたが、読んでくださった方!

ありがとうございます!

 

 

妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得 (講談社+α文庫)

妊娠出産ホンマの話 嫁ハンの体とダンナの心得 (講談社+α文庫)

 

 

れもん、うむもん! ―そして、ママになる―

れもん、うむもん! ―そして、ママになる―

 

  

こんな記事も読まれています↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

kurukurumawaru.hatenadiary.jp