うなログ

「30歳からのマタニティライフ」からブログ名を変更しました。一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠、31歳で出産したオタク主婦の妊娠・育児の記録です。

産後に歯がうずく、歯茎が下がった、原因は歯周病じゃなくて歯ぎしりだった。

腰の痛み、悪寒、肌荒れ、頭痛・・・。

産後の不調って色々ありますよね。

 

最悪なことに治らないものも・・・。

 

オバチャン、一番ショックだったのが、歯。

 

産後、歯がウズウズ。

しまいには、歯茎が下がってしまいました^^;

 

てっきり、歯周病かと思って、歯医者に行ったんですが、全然違いました。

 

 

歯がうずいたり、下がったり、自覚症状はいつから?

歯の疼き

歯の疼きは、産後1週間からありました。

一番奥の臼歯が、妙にムズムズする。

毎日ではなくて、ムズムズしない日もあります。

でも、産後2週間の時点では、一週間のうち五日はムズムズしてました。

 

ムズムズしている歯の歯茎は下がっていません。

別の歯の歯茎が下がっていました。

 

歯茎の下がり

下の前歯2本の歯茎が、3~4ミリくらい下がってしまいました。

歯の根っこが見えちゃってます。

歯が細長くなりました・・・。

カッコ悪いし、冷たいものが染みます><

 

こちらは、産後3週間の時に気が付きました。

鏡を見たら下がってたんですね。

だから本当は、もっと前から下がっていたかも・・・。

 

ショックで目の前が真っ暗になりましたT _ T

 

原因は歯周病じゃなくて、歯ぎしり!?

歯の不調に、慌てて歯医者にいきました。

 

歯周病なら、ゆくゆくは歯が抜けるんだろうな」

「差し歯も覚悟しないと」

と深刻な顔(ゴルゴっぽい顔)で、通院。

 

が、医師に診てもらうと、原因は意外なモノでした。

 

 

ぽわん、ぽわん、ぽわわわ~ん(回想モード)

 

診察台の上にて↓ 

私「歯周病でしょうかね・・・」

 

歯医者さん「いや、歯ぎしりでしょう」

 

私「ええ!?」

 

歯医者さん「産後の女性に多いんですよ、歯ぎしりで、歯茎が疼いたり、下がったりする方。」

 

歯科衛生士さん「産後って寝不足になるじゃないですか。育児でストレスも溜まるし。それで、寝ている間に、強ーく歯をギリギリしちゃうんですよね。」

 

歯医者さん「結果として、歯と歯茎に負担がかかって、歯が疼いたり、歯茎が下がったりするんです。」

 

歯科衛生士さん「歯茎が下がった前歯は、押すと少しグラグラしちゃってますね。」

 

私「抜けちゃいますか?」

 

歯医者さん「すぐに抜けたりはしないので、過度に心配しないでくださいね^^」

 

「因みに、歯周病の歯の疼きと、歯ぎしりの歯の疼きって、区別つきますか?」

 

歯医者さん歯周病の場合、歯の疼きは常に感じます。でも、歯ぎしりの場合は、今日は疼くけど、昨日は全然疼かなかった!など、症状が出る日と出ない日があります。症状が出てる日は、夜中、強く歯ぎしりをしてた日です。」

 

私「なるほどー。」

 

ぽわん、ぽわん、ぽわわわ~ん(回想モード終了)

 

とりあえず、歯周病じゃなくてホッとしたけど、下がった歯茎は、治らないので、ちょっとショック^^;

 

産後の歯ぎしり対策

歯医者さんに教えてもらった、歯ぎしりの対策です。

 

起きている間は、歯をかみしめないように

起きている時、無意識に歯を噛み締めていることがあります。

そういう時は、顎の力を抜いて、歯を離しましょう。

 

上の歯と下の歯の間に、数ミリ空間があるのが、理想です。

 

睡眠をしっかりとる

と言っても、産後はなかなか難しいですが^^;

産後のストレスは、歯ぎしりの元。

休める時は、できる限り休みましょう。

 

就寝中マウスガードを付ける

歯ぎしりによる、歯へのダメージを防ぐため、マウスガードを付けましょう。

こういうやつです↓

歯ぎしりマウスガードフィット マウスピース

歯ぎしりマウスガードフィット マウスピース

 

リンク張っておいてなんですが、市販の物より、歯医者さんでオーダーメイドした方がいいです。

 

実は私、妊娠中から市販のマウスガード使っていたんですが、それでも産後、歯茎下がりました^^;

市販のマウスガードって、かなり肉厚なんです。

だから、歯を思いっきり噛み締めると無意味な気がします・・・。

 

歯医者さんで作ったマウスガードの方が、フィットします。

お値段は、歯医者さんによって、まちまち。

私は3000円でつくれました。

場所によっては、5000円くらいのところも、あります。

 

その後の歯の状態

現在、産後3カ月ですが、歯の疼きは殆どなくなりました。

産後すぐの時より睡眠も取れているので、体調も少し楽です。

 

歯医者で作ったマウスガードも毎晩しています。

 

その甲斐あってか、歯茎の下がりは、悪化していません。

でも、相変わらず歯は揺れてます^^;

 

産後ケアの全て

産後ケアの全て

 

 

歯ぎしりで揺れるようになった歯は、抜けちゃうの?

歯茎が下がって、揺れるようになった歯。

いつか抜けるんじゃないかと、ひやひやしてたんですが、実母から思わぬ情報が。

 

なんと!

知り合いに、私と同じ状態になった方がいるそう。

 

その方も、産後、歯茎が下がって、歯が揺れるようになったそうです。

歯茎は戻らなかったけど、時間とともに、歯が揺れなくなったそう。

歯茎は下がっちゃったけど、下がった歯茎が歯を支えようと、固くなったらしいです。

因みにその方、現在60代後半ですが、歯茎の下がった歯は、健在だそう。

 

ちょっと、希望が持てる話でした^^

 

(009)産後クライシス (ポプラ新書)

(009)産後クライシス (ポプラ新書)

 

 産後の歯の不調は、歯医者さんへ

何はともあれ、産後、歯の不調を感じたら歯医者さんへレッツラゴー!

 

「そんなん分かってるわい!行けたら苦労しないよー」

って感じですよね^^;

 

赤ちゃんいると、病院にも行けません。

私は、両親や夫に面倒をみてもらって、ササ―っと行きました。

私がいない間は、大泣きだったそう・・・。

 

でも、歯は一生もの。

体調が辛くても、赤子が泣いても、頑張って行って良かったです。

 

産後のお母さん。

赤ちゃんはもちろん大事ですが、ご自分の歯も大事にしてあげて下さいね。

私も大事にしていきます^^

 

産後、つらくなったら読む本: ママの心と体が楽になる安心産後ケア

産後、つらくなったら読む本: ママの心と体が楽になる安心産後ケア

 
ふたりは同時に親になる: 産後の「ずれ」の処方箋

ふたりは同時に親になる: 産後の「ずれ」の処方箋

 

 

こんな記事も読まれています↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

kurukurumawaru.hatenadiary.jp