うなログ

「30歳からのマタニティライフ」からブログ名を変更しました。一年の不妊治療を経て、30歳で初妊娠、31歳で出産したオタク主婦の妊娠・育児の記録です。

微弱陣痛で一晩過ごして、朝を迎えた時の気持ち

病院で分娩した時の話です↓

f:id:kawanaiseikatsu:20180815130320j:plain

 

誘発分娩で微弱陣痛になって、一晩陣痛と格闘しました。

そんで、翌日は廃人!!

 

助産師さんやお医者さんが「今日は生まれますから、大丈夫ですよー」って言ってくれたんですが、嘘にしか思えず。

 

「無理!無理!もうやめるー!」を連発^^;

 

「いっそ殺してくれ!!」

ガチでそう思ってました!!!

 

だって痛いんだもんよー

痛いけど止められないし、それどころか、陣痛促進剤でどんどん痛くなるし。

今思うと「どんな駄々っ子だよー」って感じですな。

 

でも、当初の予定なら、とっくに生まれてるはずだったんですもの!

駄々もこねたくなります。

 

そういえば、ソフロロジーのイメトレしたけど、無意味だったな~

 

 

微弱陣痛と誘発分娩で、分娩費用はどうなった?

当初は、自然分娩の予定でした。

が、40週の妊婦健診で急遽、誘発分娩に↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp

 

更に微弱陣痛で入院日数も増え、陣痛誘発剤も追加投与。

 

さぞかし、分娩費用が、かさんだろうと思ったのですが・・・。

大丈夫でした^^;

 

「なんで?」と思ったら、高額医療費制度が適用になったみたいです。

分娩費用の支払いは、夫に全部任せちゃったので、具体的にいくらかかったか、私はキチンと把握していないんですが・・・。

高額医療費制度のおかげで、大分助かったみたいです。

 

分娩中にトラブルがあったりすると、高額医療費制度が使えるので、確認しておくと便利です。

 

誘発分娩の副作用と赤ちゃんへの影響

誘発分娩は、副作用があったり、赤ちゃんに障害が残ったりする。

 

なんて話を、ネットでチラホラ見かけますが。

超超超レアケースですから!

 

「副作用や赤ちゃんへの障害うんぬんは、陣痛促進剤を過剰投与すると起こります。今は、投与の量も厳密に決まっているし、異変があればすぐ投与を中止します。分娩中は、分娩監視装置で24時間お母さんと赤ちゃんの状態をみているから大丈夫!」

と、私は主治医から説明を受けました。

 

そんで、誘発分娩で出産しました。

 

赤ちゃんは、成長曲線のど真ん中でスクスク成長しています。

お母さんへの副作用は、あったのか不明(笑)

分娩中は陣痛が痛すぎて、それどころじゃなかった!

 

痛いけど、誘発分娩は怖いものじゃないです^^

これから誘発分娩を控えている方は、あまり心配ならさずに。

 

因みに、誘発分娩の話はこちらから読めます↓

 

 

 

松本ぷりっつの子育てバッチコイ!ぶっとび出産編 (SUKUPARA SELECTION)
 
おひとりさま出産 (集英社クリエイティブコミックス)

おひとりさま出産 (集英社クリエイティブコミックス)

 
トリペと―妊婦、はじめました

トリペと―妊婦、はじめました

 

 

こんな記事も読まれています↓

kurukurumawaru.hatenadiary.jp